都会の喧騒から離れた、伝統と格式を誇る名刹

houdoin34.jpg 

 

真言宗智山派の寺院で、平安時代末期に行観上人が開創したと言われています。以来、八百五十有余年にわたり、真言密教の教えを伝えてきた由緒ある寺院で、弘法大師玉川八十八箇所霊場第八十八番、武相不動尊霊場第二十二番、東海三十三観音霊場第十七番として崇信されています。特に不動明王は、多摩川不動として、息災増益、家内安全、病気平癒の霊験あらたかであるそうです。近年始めた「たから寄席」は好評で、遠方から来場者も見える様です。

寺内には、大田区内で最も古い水船(手水石)、区内最古の梵鐘(多摩川の河原で鋳造)などの区指定文化財等があります。よく手入れされた境内(大田区保護樹林)は、どの季節に訪れても品格があります。

houdoin06.jpghoudoin33.jpg

(大田区指定文化財)

延宝九年(1681年)に、鋳物師の椎名伊予守良寛が多摩川の河原で鋳造されたという、区内最古の梵鐘。

昭和20年の戦災でも、山門とこの鐘楼だけは残りました。江戸初期の作風を今に伝えています。

 

houdoin04.jpghoudoin16.jpg

山門をくぐってすぐ右手に、境内を見渡すように立っています。

この右奥には、四国八十八ヶ所霊場のお砂が納められている「お砂踏み巡拝処」があります。 

houdoin40.jpg

本堂は境内の一番奥にあります。

桜の季節は、上品なピンク色に囲まれてとても引き立ちます。 

houdoin29.jpg手入れの行き届いた静かな境内は、ここが街中であることを忘れさせてくれます。
houdoin41.jpg

墓地は、本堂の裏手の道をはさんだ反対側にあります。

入り口右側には常楽(永代供養墓)、左側には石仏が墓地を見守ります。 

houdoin47-a.jpg
住所
 
大田区西六郷 2-52-1
 
アクセス
 
◆JR蒲田西口より東急バス「六郷土手行」で「西六郷3丁目」下車
 
◆京浜急行「六郷土手駅」下車、徒歩10分
 
駐車場は22台分有り